運動時と入浴前に飲みたい水分量

たとえばスポーツ後などで激しい運動をした後や、肉体労働をした時、また真夏の暑い時期など、大量に汗をかいた場合は特に体内が水不足に陥りやすくなります。ただでさえ普通に生活しているだけで冬でさえも約200ミリリットルの汗をかいているとされます。
体温の上昇を抑えるために、汗をかくことで上昇した体温を下げることになり、体温調節をすることになります。このため、適切な水分を摂らなかった場合、体は水不足に陥ります。
体が水分不足に陥ると本来であれば体内に蓄えられているはずの水分までもが出て行ってしまいます。その結果としてイライラ感がでたりあるいはストレスがたまってきたりして、そのストレスがさらなる水不足を招くという悪循環に陥るとされます。
入浴時にもできれば入浴前に一定の水分を摂ってから入浴をするとよいとされます。これは入浴によっても水分が失われるからで、あらかじめ失われるだけの水分を補給しておけば、入浴後つまり風呂やシャワーから上がった後でも脱水症状などから免れることができます。
このように適切なとき、タイミングで適度に水分補給をすることが大切ですが、水分だけでなく塩分なども適切に補給することが大切です。

コメントは受け付けていません。