食事の塩分量には注意!

毎年のように暑い夏がやってくる時期がありますが、テレビのニュースなんかを中心としてその季節になりますと熱中症に注意するような事が言われたりします。このような事は誰しも体験しているような事でもありますから、その重大さは身をもって分かっている事でしょう。普通に穏やかに生活をしているだけで熱中症にかかってしまうくらいの暑さとなりますので、お部屋にいる時の温度管理を始めとして、水分補給にも最大限気を配るような事が求められます。
特に炎天下の中で作業をされているような方々にとりましては、体から大量の水分がなくなっていくと同時に、塩分もなくなっていきます。従いまして水分補給と同時に塩を舐めたりする必要があるとも言われています。昔からの知恵としてもありますが、梅干しやキュウリともろみなんかは効果的に塩を体内に取り込む事ができるような食品として知られています。
しかし一般の方が必要以上に塩を体内に取り込みすぎるのは、逆に体にとりましては良くない事でもあります。普段から和食のような食事の形式を採られているだけで、必要となる塩の量を摂取する事が可能となっていますので、意識しすぎて摂取のし過ぎには注意しましょう。

コメントは受け付けていません。