起きた時の寝る前に飲みたい水分量

人は起きた時に、体の水分がかなり少なくなっています。それは、寝ている間にたくさん汗をかいているからです。これは、夏だけではなく冬でもそうです。寒い時期でも寝ている間に体の水分を想像以上に失っているので、朝は脱水状態になっています。

脱水状態は体にとって良い状態ではありません。それを防ぐためには、寝る前にコップ一杯の水を飲んでおくことをお勧めします。それくらいの水分は寝ている間に体内から出て行ってしまうからです。中には、夜中にのどが渇いて目が覚めてしまう人もいるでしょう。意外と寝ている間に水分が抜けているということです。

トイレが近くなることを嫌がってあまり水分を摂りたがらない人もいます。それは、体にとっては良いことではありません。脱水状態になってしまいます。こまめに水分補給をしていれば、トイレが近いとはあまり感じないでしょう。だから、寝ている間にトイレに行かないようにしたいと言うことであれば、常温の水をゆっくり飲むようにしましょう。そうすれば、体にしっかりと吸収されるので、あまりトイレで夜中に起きなくて済むはずです。コップ一杯の水を飲むだけで朝が変わるといっても良いでしょう。起きたときにも水分を摂ることも忘れないようにしてください。

コメントは受け付けていません。