飲む水の適温はある?

起床後に水をコップ一杯飲むと健康のためにいいという話がありますが、どうせ飲むのであれば美味しく水を飲みたいものです。
たかが水といっても、少しの工夫で美味しくすることはできます。
水を追い美味しく飲むために重要なのは温度です。
飲食店などでは氷入りの冷たい水がよく出てきますし、夏場などはついキンキンに冷やした水を飲んでしまいがちですが、あまり冷たすぎると味覚が鈍くなってしまうので水の繊細な味わいを感じにくくなりますし、なにより体を内側から冷やしてしまうのであまり健康にいいとはいえません。
では、どのくらいが水が最も美味しいとされる適温なのかというと、夏場で7度~12度、冬場で12度~18度くらいとなっています。
もちろん味覚には個人差があるので美味しく感じるポイントは多少違いますし、軟水か硬水か、また季節によっても適温は上下します。
ただ基本的には、常温が一番美味しく水を飲める適温といえるのです。
ですから、水を飲む時には冷蔵庫から取り出してすぐに飲むのではなく、コップに注いで少し置いておくように心掛けるとよいでしょう。またあまり待たずに水を飲みたいという場合は、野菜室などを利用するのもおすすめです。

コメントは受け付けていません。